青汁の効果的な飲み方と効果的な飲むタイミングとは?

 

栄養たっぷりの青汁、いつ飲んだらより効果的なのか、ご紹介していきます。

 

タイミングはいつでもOK!ただし飲み過ぎに注意!

 

青汁は栄養価が高い飲み物であるので、効果をしっかりと得られるようにしたいはずです。

 

ですが薬ではないので、飲むタイミングは決まりがないです。

 

説明書の内容に従って、続けやすい自分のペースで飲んでいきます。

 

注意をしないといけないのは、1日の目安量を超えない事です。

 

飲み過ぎには、十分気を付ける事が大切です。

 

青汁には食物繊維が豊富に含まれているので、体質によってはお腹が緩くなる場合もあります。

 

このような時には、目安量よりも少なめにして自分にとって適量に調整をします。

 

朝飲むと栄養分が吸収されやすい

 

睡眠中は身体が思っている以上に汗をかいてエネルギーを消費しているため、朝起きて直ぐに飲むと目覚めたばかりの体は栄養をとても吸収しやすくなっています。

 

水分補給も出来るので、一石二鳥になります。

 

このタイミングに飲むと、体内に野菜の栄養素が行き届きやすくなります。

 

ただし空腹時に冷たいものを飲むと、胃に負担がかかりやすいです。

 

冷たい場合は少量を口の中で馴染ませるようにして、時間をかけてゆっくりと飲みます。

 

空腹時に飲むと食べ過ぎを防げる

 

ダイエットが目的の場合は、食前の空腹時に食物繊維が豊富な青汁を飲む事で満腹中枢が刺激されて食べ過ぎが防げます

 

血糖値の上昇が緩やかになるので、GI値が低い食べ物を摂った時と同じ状態になります。

 

寝る前に飲むと便秘に効果的

 

便秘を解消したい場合は、就寝前に飲むのがお勧めです。

 

青汁に食物繊維が含まれているので、消化のために腸が動きます。

 

これにより、朝になるとスッキリと便が出るようになります。

 

ただし腸の動きが気になり寝れなくなったり、気分が悪くなる場合があるので注意が必要です。

 

睡眠に影響が出る場合は、飲む時間帯をずらしましょう。

 

まとめ

 

目的に合わせて青汁を飲む事で、高い効果を期待出来ます。

 

最も大切になるのは、毎日コンスタントに飲む事です。

 

これを踏まえて、習慣として無理なく続けられる時間帯がベストのタイミングになります。

 

飲み続けないと、個高い効果が得られなくなるので毎日続ける事です。