たくさんの種類の中からピッタリくる青汁の商品の選び方

 

青汁と言っても、たくさんの種類の青汁が売られています。

 

その中から自分にピッタリの青汁を選ぶことで、飲みやすくより高い効果を得ることができます。

 

値段も効果も違うので、内容を確認して購入する必要があります。

 

甘みがあるか苦いのか

 

継続して青汁を飲むためには、飲みやすさがポイントになります。

 

甘みが加えられていて飲みやすくなっているものから、野菜の苦みを感じれるものまであり、味も内容も違ってきます。

 

健康維持のために飲むときには、砂糖などの甘みが加えられていないものを選びます。

 

甘みがあるものを選ぶときは、健康を意識してきな粉や黒糖、はちみつ、フルーツが加えられているものがおすすめです。

 

栄養価がアップして、飲みやすくなっています。

 

野菜の苦みは、すっきりとしたのど越しを楽しむことができます。

 

どの青汁も、苦みは抑えられるように野菜を配合しています。

 

甘みを加えられていないものを選び、もし飲みにくければ、リンゴジュースや牛乳を加えると飲みやすくなります。

 

野菜は何が使われているのか

 

青汁によって、使われている野菜が異なります。

 

1種類でできているものから、数種類ブレンドされているものまで様々です。

 

青汁のイメージが強い大麦若葉は、栄養価が高く苦みは少なくて飲みやすい味です。

 

明日葉が使われているものは、さらに栄養価が高く効果が期待できますが、苦みが強くなります。

 

明日葉に大麦若葉がブレンドされると、苦みが抑えられます。

 

使われている野菜によって、味も栄養価も変わってきます

 

さらに、ビタミンが欲しいときにはフルーツ入りの青汁の方がおすすめです。

 

国産や無農薬がおすすめ

 

青汁は、健康を期待して飲むことが多いので、使われている野菜にもこだわりを持ちたいものです。

 

安価な青汁は中国産の野菜が使われていることが多く、残留農薬が気になります。

 

また、量を増やすために他のものが配合されているので、味が物足りなく栄養価が低くなってしまいます。

 

安心安全な青汁は国産の野菜を使われているものです。

 

そして、残留農薬がないことを確認しておきたいものです。

 

値段は高くなりますが、体の調子を整えるためにも国産の青汁がおすすめです。

 

まとめ

青汁と言ってもたくさんの種類が販売されています。

 

値段も内容も様々なので、内容を確認して購入したいものです。

 

また、味にもこだわることで継続して飲み続けることができます。