みんなが飲んでいる青汁の栄養素ってどんなものがあるの?

 

昔に比べてはるかに飲みやすくなったことと、種類が豊富になったこともあって、多くの人が青汁を愛飲しています。

 

そんな健康に良いといわれている青汁ですが、一体どんな栄養素が詰まっているのでしょうか。

 

スーパーフードのケールにはビタミンやミネラルが豊富!

 

日本ではあまりなじみがない野菜であるケールは、海外では大人気で、スーパーフードとしても知られています

 

栄養価が高くて体に良い野菜で、ビタミンAやビタミンC、それに、生きていくために絶対欠かせないミネラル類が豊富です。

 

まず、ビタミンAやCというのは、ご存知の通りお肌の健康を保つために欠かせない栄養素であり、アンチエイジング効果もあります。

 

ミネラルは骨を作ったり、これもまたお肌に良い効果を与えてくれます。

 

明日葉にはカリウムとビタミンKが詰まっている!

 

明日葉は、女性に特に良いといわれている素材です。

 

カリウムは、バナナの1.5倍も入っていて、これはむくみ防止につながります

 

つまり、体内の水分をちょうど良い状態にキープするという働きがあります。

 

そして、ビタミンKですが、骨を丈夫にしてくれる働きがあります。

 

特に、年配の方、それに、最近の子供たちは骨も弱くなっているといわれているので、親子そろって飲むのも良いでしょう。

 

大麦若葉には食物繊維が!

 

大麦若葉にもビタミン類、そしてミネラル類がたっぷりと含まれています。

 

さらに、食物繊維もあるので、便秘がちの方は助けてもらえますし、これによって、肌荒れなどを防ぐこともできます。

 

それと同時に、たんぱく質や糖質など、ご飯と同じような役割も果たしてくれるので、飢えの心配も防ぎつつ、きちんと出すもの出すという効果を持っているのです。

 

 

まとめ

 

主に青汁に含まれている成分それぞれにはこんな栄養素が詰まっています。

 

確実にあなたの健康や美容のために役に立ってくれるので、青汁はおすすめのアイテムです。